医学部 臨床医学麻酔科学Anesthesiology and Perioperative Medicine

JapaneseEnglish

研究室HP

麻酔科1

1974年5月16日、森秀麿教授が京都大学より着任し、麻酔学講座を開設した。1974年9月には金沢医科大学病院が開院し、手術麻酔が開始された。1982年4月1日、大学院の開設にあたり、鳥取大学より青野允教授が特任教授として就任した。1995年に森教授が大阪医科大学教授として転出したのに伴い、同年7月1日、青野教授が第2代講座主任に就任した。1999年4月、青野教授の定年退職の後を受け、土田英昭教授が第3代講座主任として札幌医科大学より着任し、現在に至っている。診療は手術室を中心とし、ペインクリニック、緩和医療などに積極的に関わっている。また、当科には日本老年麻酔学会の事務局があり、高齢者麻酔医療の発展に貢献をしている。

お問い合わせ

TEL: / FAX: / Email: anesth@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 土田 英昭 写真(土田)

学内講師

  • 小川 真生
  • 本間 恵子
  • 木田 紘昌

助教

  • 山岡 祐子
  • 金子 有理子
  • 髙原 麻美
  • 田中 康規
  • 荒木 英治
  • 髙野 真美
  • 森川 高宗
  • 植田 景子
  • 松葉 聖
  • 宮島 沙希
  • 小川 美穂

主な研究業績

部門別研究業績

  • Wajima Z, Tsuchida H, Shiga T, Imanaga K, Inoue T. Intravenous landiolol, a novel ß1-adrenergic blocker, reduces the minimum alveolar concentration of sevoflurane in women. J Clin Anesth 2011; 23: 292-6.
  • 真柄鮎子,山岡祐子,村田有理子,白石美治,土田英昭.日本の術後肺血栓塞栓症の発生率は欧米よりも低いのか.麻酔2011;60:511-5.
  • Shibamoto T, Shimo T, Cui S, Zhang W, Takano H, Kurata Y, Tsuchida H. The roles of mast cells and Kupffer cells in rat systemic anaphylaxis. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol 2007; 293(6): R2202-9.
  • Sugiura S, Seki S, Hidaka K, Masuoka M, Tsuchida H. The hemodynamic effects of landiolol, an ultra-short-acting beta1-selective blocker, on endotracheal intubation in patients with and without hypertension. Anesth Analg 2007; 104: 124-9.
  • Shibamoto T, Ishibashi T, Shimo T, Cui S, Takano H, Tsuchida H, Nishio M, Kurata Y. N G- nitro-L-arginine methyl ester potentiates anaphylactic venoconstriction in rat perfused livers. Clin Exp Pharmacol Physiol 2006;33(11):1073-7.

主な外部研究資金

  • 平成11-13年度文部省科学研究費補助金(基盤研究(C)(2);課題番号11671515);課題「敗血症ラット大動脈における交感神経β受容体を介する反応の変化とその機序の解明」研究代表者
  • 平成12年度学術振興会研究費補助金(基盤研究(C)(1)企画調査;課題番号12897013,研究代表者:林行雄(大阪大学));課題「心臓移植と周術期管理」研究分担者
  • 平成13-14年度学術振興会研究費補助金(基盤研究(C);課題番号13671600);課題「肺高血圧症モデルにおける肺動脈収縮に対する吸入麻酔薬の影響の検討」研究分担者
  • 平成15-17年度学術振興会研究費補助金(基盤研究(C);課題番号15591666;課題「スナネズミ海馬錐体細胞における遅発性神経細胞死とストレス蛋白質の関与」研究代表者
  • 平成18-20年度学術振興会研究費補助金(基盤研究(C);課題番号50315503);課題「正常および敗血症ラットの微小腸間膜動脈運動に及ぼす鎮静薬の影響」研究分担者